2017年10月09日

自分が何者かを示すのは、何を選択するのかということなんじゃよ ハリーポッターと秘密の部屋より

ハリーポッターが無性に観たくなって、先週からゆっくり鑑賞を進めています。

シリーズ最初の作品は可愛いハリーポッター😍にメロメロでした。
子供を育ててるせいか我が子のように思えてならず、ハリー!ロン!ハーマイオニー!負けないで!頑張れー!って応援しまくってました(笑)

そして二作目の作品。
タイトルにある言葉を、終盤にダンブルドア校長先生がハリーに言うのですが、
とても心に響きました。

「自分が何者かを示すのは、何を選択するのかということなんじゃよ。」
何を選択するかで道は大きく変わりますね。

自分がどんな人生を生きたいのか。

どんな人間になりたいのか。

今、毎日自問自答しながら、より良くなっていきたい思いの中で生きています。

食べるもの

身に付けるもの

思考や言葉や行動

明日の自分を作るのは自分の内側、自分次第。

何を選択するのか。

とても大きなメッセージを貰えたと喜びをかみしめています。

ハリーの周りの大人たちの言葉は心の成長には欠かせない大切な存在です。

私も子育てする親として、人として、何を、心の軸にしているかそれを見失わず生きて生きたいです。

それにしても、今更ながらハリーポッターの世界、こんなにも魅力溢れているのですね!

改めて驚きと感動、そしてワクワクする高揚感を味わっています。

三作目もなかなか面白いです!
大衆を引きつける作品はやっぱり面白い!
今後もいろいろな作品を楽しもうと思います(^^)


posted by Kozue at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | cocoro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

指摘に感謝 「飲まない幸せ=飲んだら不幸せという意味ではないのです」

仕事でもプライベートでも自分の考えや思いに対して

相手の考えと必ずしも一致することはなくて

ときに真逆のときもある。

それでも良好な関係を築いていくには

普段からのコミュニケーションがとても大切で

信頼関係の土台がしっかりしていれば相手の意見や考えや気持ちが

たとえ自分と異なっていたとしても受け入れる許容度は高くなると思う。

そうでない場合でも、受け入れる側が相手に対してどのような気持ちで向き合っているかで

また受け取り方がずいぶん違ってくるように思う。

私がよく使っている言葉に「飲まない幸せ」というのがあります。

これは「飲まない幸せ」=「飲むことは不幸」or「飲んではいけない」

ということを言いたいわけではないのです。

私の場合の「飲まない幸せ」

=「飲んでいたころにしていた他者を困らせる行動・言動をしなくていい安心感」
=「飲んでいたころにどんなに頑張っても得られなかった自己実現がどんどん叶っていく充実感」

を指しています。

お酒を飲んでいたころはとにかく心の中ではいつも辛く苦しく暗かった。
いつでも体調不良と寝不足で心の不安定も抱えていた。
飲まずにはいられない異常さにも気づかず、毎晩少量でも飲んでいた。
何より、美味しくないとわかっているのに酔いたいだけのためにアルコール度数の高いお酒を体に入れているだけで
本心はずっとやめるタイミングがわからず苦しんでいたことが今思えば一番苦しかった。




ずっと、ずっと、いつだってお酒は美味しいと思えなかった。不味かった。



お酒をコミュニケーションのツールにしていた。
機能不全家族に育って、自分を常に過小評価して、臆病で劣等感の塊で、見捨てられ不安に怯えている自分を癒す薬にしていた。



スーパーポジティブ、全肯定な主人と出会ってから心はだいぶ前向きに変化はしてはいたけれど
お酒だけはどうにもならなかった。
主人もお酒だけは匙を投げていた。
でも神様からの粋なはからい。もうやめなさいというメッセージとともについに大きなしくじりを経験してやっと目が覚めました。

そのプロセスが自分の中でしっかりと落とし込めて、
飲んでも飲まなくても根本をみつめてケアしていかなければどんなに薬を飲もうがお酒を断とうが仲間がいようが変わらないんだと自分なりのお酒を飲まない生活から得た答えがでたのです。

ケアしていくなかで、その手段や自信回復のためにもお薬や仲間とのつながりは非常に有効であることは、実体験から重々理解していますし、むしろ推奨します。

なぜお酒を飲むことをやめたのか。
やめるまでのプロセスに答えはあって、飲まない方が私は生きていくうえで幸福感を得ることができること。
これが飲まない幸せと言っている背景です。

だから、飲んでいるから悪いとかではないのです。
本人が飲みたくて飲んでいるのなら私はそれで一向に、まるで構わない。
飲んでいることで人格否定をするつもりもないし、
付き合いをやめるわけでもないし、何より私の大嫌いな意見を押し付けることもしたくない。

押し付けられることは私も大嫌いです。
断酒たるもの~
依存症者たるもの~
善意であれそういわれるとかなりのストレスを感じます。

その気持ちがわかるから、とある友人とのやり取りで指摘された「飲まない幸せ」は「飲まない方が幸せ」と受け取られてしまうことがわかって、とても感謝しています。

今は人からの指摘はありがたいと思えます。
いくらでも成長していけるし、気づけなかったことに気づかせてくれたのだから。
(これもお酒をやめてから変わったことの一つ。
断酒前はすべての指摘に人格否定されたといちいち落ち込んでいた。)

押し付けではなく私自身、またお酒を飲むのをやめた友達がそれぞれに感じる幸せを、それぞれの人生の中で紡いでいこうね。という意味合いであると伝えていきたいです。

因みに私が距離を置く人は、関わることで、共依存になりそうな人とは愛をもって距離をおくことにしています。
それはどんなことでも私が肯定してしまうので、相手との関係が共依存関係になってしまう経験を嫌というほどしてきた背景があるのです。
相手の成長を阻んでしまう関係は本意ではありません。
相手の成長を心から祈り距離を置かせていただいています。
きっと乗り越えてよりよい人生を築いていると心から信じています。

表現は難しい。
けれど、これからも伝え方の努力、受け止め方の努力を続けていきます。
(*^^*)
posted by Kozue at 00:50| 東京 ☁| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

家にいても忙しい

今日も朝から洗濯機を2回まわしながら部屋の掃除と断捨離と。
合間に食料買い出しして、
帰宅して洗濯物を干して、
先週注文したこたつテーブルを受け取り設置、
またまたニトリに行って検討を重ねて決めたソファを注文して
息子とお買い物して帰宅。

またまた家事に育児に追われてこの時間。
やっと一人でぼーっとしてます。

ニトリでは先週はまだそんなに出ていなかったクリスマスの装飾が今日は一層華々しく輝いていて

家族連れも多く冬支度を始めていました。

中旬くらいにはぐんと冷え込む日もでてくるでしょうね。

今日のニトリはいつも以上にあたたかく微笑ましい光景でした( *´艸`)

それにしても部屋を綺麗にすることを心がけていくと

物の位置や使い勝手や使ってないまま化石化したものの処分など

結構思考能力を使う作業だなとじみじみ思います。

そして同じくらい物を大切にしたい気持ちが出てきました。

使ってなかったルクルーゼのお鍋を出して明日はスープを作ろうとか、

ハンドミシンをだしてカーテンの裾上げしたりとか。

生活をより充実させていこうっていう気持ちになっていくんですね。

忙しかったけれど程よい疲労感の心地よさ。

ソファの到着も待ち遠しいです。

気持ちの良い時間の過ごし方ができて幸せです(*´▽`*)
posted by Kozue at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

返済日

亡くなった母が生前、妹(私から見て叔母)3人に借りたお金を、まずはいちばん高額である叔母に返す日が決まりました。

どんなに予定を組んでも、どちらかの予定が合わなくてなかなか合えなかったのに。

ぽんと空いた日に会えることになりました。

タイミングってあるのですね。
産休育休問題も落ち着いて仕事も一段落して。
とてもいいタイミングです。
どっかの誰かの年収に相当する金額。
やっと返済できます。
無事に渡せますように。

こころから感謝を込めて。
叔母さん本当にありがとう。
お母さんやっと返せるね。
良かった。本当に。
良かったー!
posted by Kozue at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノンアルフレンズ

C740EA45-2E63-4A52-8078-8FF0AD4F2C4C.jpg

星野源さんのフレンドシップ。
とても好きな一曲です。

昨日は断酒繋がりの友達(仲間と言うより友達と言わせてくださいw実は仲間という表現が苦手なのです。一括りにされてちょっと息が詰まります。)からまた断酒始めると連絡が来ました。

ずっと頑張ってるのをみてましたから、これじゃイカンと思ったのです。

と。
なんて嬉しいことを!
続けていることで誰かを励ませるなんて、こんなに嬉しいことはないです。

私も励みになりました\( ´ω` )/
無理せず快適ノンアルライフ。
一緒に進むノンアルフレンズも飲まない幸せを折り重ねていけますように(^^♪

友達関係は昔から程よい距離感が保てる人と繋がれて
適度なやり取りにとてもフレンドシップが好調です(*^^*)

それぞれの魅力あるライフに敬意と感謝を。
いつもありがとう。
これからも、よろしくです(*´∀`*)
posted by Kozue at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚記念日

もうすぐ結婚記念日です。
満7年、そして8年目を迎えます。
特に何もしませんが、カレンダーにはいつも書いています。

付き合ってからだと12年、13年目になります。
そら30代後半にもなりますわ。

こんなに長い付き合いになっても、まだまだ興味がつきません。
なんででしょうね。

単純に一緒にいるとわくわくするんです。

「次は何言うのかなー。
何食べるのかなー。
何にはまるのかなー。」って。(笑)
みていて飽きないんです。

くだらないことを言って笑わせてくれたり、
一方で世界情勢、日本の政治動向にやたら詳しくて
ニュースをみたのと同じくらいの情報をくれたり。

私にはとうていできないようなことや発想が彼にはあって
いつも感心してしまうんです。

あとは同じ趣味は何一つないけど、嫌いなことは同じなのもポイントかもです。
旅行も人混みも嫌い。
記念日にこだわらない。
食べるのが好き。
基本、インドア。

あ、お互い聞き上手でもあります。
主人が私といて楽なのは話やすいところと言ってくれましたが
私も主人といて楽なのは話やすいからなんですよね。

それと愚痴ひがみ妬みネガティブ発言は彼の口からほとんど聞きません。
私もいつの間にか彼の前で言わなくなりました。

一緒にいて思うのは、愛されて育った人の感性、思考はいつだって健全で穏やかで上向きだということ。
おばあちゃまにしっかりと教育され、親から愛情をたっぷりもらい、お金にも困らず育った彼は卑屈な一面がみじんもありません。

そしてどんなときも私を守り抜いてくれました。
両親との不仲の時もアルコールにおぼれたときも。
依存関係にならなかったのは優しいだけでなくきちんと伝えることを伝えてくれたからです。
その言い方も、タイミングもしっかり考えてくれていました。
寄りかかりすぎず、でも、お互いにSOSは必ず伝え合うようになりました。
万能な主人なようで、一時はうつ病で休職していたときもありました。
その経験があったおかげで抱え込まないことの重要性を夫婦で学びました。
家庭は逼迫し金銭的も精神的もきつい期間でしたが必要な経験でした。
お互い必要な経験を経て、お互いを見捨てず支えあってきたんだなぁとしみじみ思います。

主人といるとお互いが必要な存在で、存在価値を認めあえる関係であることを感じます。

信頼関係の中で大切なことは礼節です。
私が彼のことを尊敬する気持ちがあるように、彼も私にちゃんと敬意を払ってくれます。
まだまだ未熟でまだまだこれから学ぶことも多いけれど、

この12年、愉快に過ごせてきたこと、心から感謝です。
13年目もどうぞよろしくお願いいたします。
新しい家族とともに。
笑いあっていきましょうね!
posted by Kozue at 01:37| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思いはひとつ。

私と同じ思いの人たちの声が、今日は多方面から私のもとにいくつも届きました。

妹からのメッセージ

断酒で知り合った人のメッセージ

心の言葉で繋がった人のメッセージ

発達障害や育児に関する人のメッセージ

友人たちからのメッセージ

元同僚たちからのメッセージ

それぞれの生活でそれぞれ環境は異なるけれど、

みんな思うことは一つでした。


『より良くなっていきたい。』


今は、皆さんそれぞれに、生きる道の発展途上の最中なのだと思うのです。

穏やかであっても、忙しくても、ストレスフルでも、上手に立ち回れなくても、

どんな環境にいても、どんなにうまくいっていても、いなくても、

よりよく良くなっていくための葛藤が、大なり小なりあるのだと思うのです。

その思いがあるから人は試行錯誤して、成長していくのでしょうね。

気づけば私の周りには幸運にも、そんな人たちが集まるようになっていました。

そして面白いことに、やっぱり私と似ていて不器用な一面も見えたりもして、

人間味があってとてもいい。

まだ言葉を交わしてない人も、

僅かな交流でも、

長い付き合いも含めて。

心が幸せいっぱいになりました。

ありがとうございます。


そして感じたことを綴ります。

「あなたのつまづきも葛藤も私は応援します。

あなたの喜びも、悲しみも、痛みも、後悔も、全部まるごとあなたに必要な経験でした。

私もその経験をひとつひとつしていきながら、人生の経験値を積んでいます。

お互いその経験をしたから、より深みのある人へと、成長しているのです。

最高の笑顔も喜びも、必ずあなたのもとにやってきます。

そう思える光があなたにはあります。

恥じることなく、共に、一日を生きていきましょうね。」

今日同じ思いの人たちの言葉から、そう強く感じました。



最後に妹が感銘を受けたメッセージを私に送ってくれたので、ここに載せますね。

「人生は幸せな事よりも、不幸せな事やつらく悲しいことの方を、人は多く感じるものかもしれません。

でも、もしそうであっても、いつも心の針を明るい方向に向けて、その日一日を前を向いて

明るい心で生きていく方が、皆さんの人生を価値のある素晴らしいものにしてくれるに違いありません。」




『より良くなっていきたい。』



その思いはきっと。きっと。



届くはず。
posted by Kozue at 00:36| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする