2017年05月17日

music post:学生時代セレクト②


music post :今夜は私が学生時代アホみたいに聴いていた音楽をチョイス。
2回目は予告通り女性ボーカルのご紹介。

なんですが、私女性はあまり聴いてなかったみたいです。
思いだすと殆ど男性でした。
エレカシ、スガシカオ、ウルフルズ、キセル、スピッツ
曽我部恵一、スカパラ、奥田民夫、ビートクル―セーダーズ、
トライセラトップス、高田渡、バンバンバザール、などなど

お―懐かしい。なんて豪華なラインナップ。
ラジオから音楽が好きになったのもあって
この人のこの曲が好き、と言う感じで聴いていて
結構雑食なんです、広く浅く聴いてました。

で、話を戻して、それでも女性ボーカルの曲はしっかり記憶にあります。

では前置き長くなりました。

1曲目!!

学生時代一番聴いた女性ボーカルはダントツ矢野顕子さんです!!
この曲含むアルバムSuper Folk Songは最高傑作ですね。
すべてが好きです。
聴くきっかけになったのは友だちから勧められて。
サークルの子にも紹介したらサークルの皆が矢野顕子さんにはまってました。
今も上原ひろみさんとラーメン食べたいをコラボしてますがめちゃくちゃかっこいい。

上原ひろみさんも勿論大好きです。

2曲目!!
3:35あたりから始まります。
つじあやのさんを好きになったきっかけは、スピッツの猫になりたいを
カバーしてるのを聴いてからです。
ウクレレ片手にこの透明感のある声はかなりはまりました。
風になるはジブリの猫の恩返しの主題歌になりましたね。
歌詞もいいのです。
「忘れないよ すぐそばに君がいる
いつの日も 星空に輝いてる 涙揺れる明日も」

3曲目!!

そう、なんと洋楽。流星のごとく現れグラミー賞総なめした
実力派シンガーソングライター。
この当時の女性ボーカルの好みは弾き語りを好んでいたみたい。
ピンの女性ばっかり聴いていたような気がします。
友だちがシンガーソングライターで活動していた影響もあったのかもです。
今は結婚されておこさんもいるみたいですね。ますますこれからが楽しみです。


おまけ!!

最高です!!

では、またー。

posted by Kozue at 20:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

music post:学生時代セレクト①

music post :今夜は私が学生時代アホみたいに聴いていた音楽をチョイス。
年代がばれますね。はい30代です。もう化石です、はい。時代が止まってます。
ベビロテ?鬼リピ?まぁとにかく学生時代は音楽中毒でした。
だけどフェスには一度も行ったことがない。なぜなら、体力がないから。(笑)
この曲達を聴くとアホだった学生時代が蘇ってきて楽しい。
真剣にアホやってましたからね。朝っぱらから麻雀とかアホすぎます。
ひろしは元気かねぇ。よーぺーバンドで結婚式余興で斉藤和義歌ってくれて嬉しかったよ。
私の黒歴史を妹に教えたことは許してあげよう。
それがまた愛おしい思い出になるから音楽って素敵☆

1曲目!!
私が学生の頃は文化系ロックがめっちゃ流行ってて
キリンジはダントツ人気でしたね。
ミュージシャンの中でも人気を誇っているキリンジ。
最近CMでも起用されていて、恐らく同世代が選曲したな!?と
ニヤリ。このまどろみ感最高。

2曲目!!
きたー!私の中で斉藤和義さんの曲といえばこれ!
下衆な替え唄バージョンもいけてます。
これを武道館で歌うとはやるね、和義。
勇気がないので私はこちらをアップしますw
キャラが今と若干違うw
でもやっぱり音の使い方がいい。

3曲目!!
これこそアホみたいに聴いてました。
いつ聴いてもいい。
「誰にだって光と影あるはずなら」
「僕だって君だってかわりはない」
「らーらーらー」
10代の私が戻ってくるよー。
キャノンボールも名曲ですね!

4曲目!!
スーパーバタードックといえばサヨナラカラーですけど、
こちらの曲も好き。
「明日へゆけ、さぁ明日へ。」
今の私にすごくハマる曲。
ハナレグミも好き。本当にいい声だなぁ。

5曲目!!
08年って…w。
この曲は。。もう切ないですね。
いつ聴いても古びない曲。
大好きだった先輩を思い出します。
過去形で告白してすっごい驚かれました。
「すきでした!」「え!?でした!?」
「はい!でした(笑)」「え!?終わってんの!?」
「はい!終わってます(笑)!!」「爆笑!!じゃいうなや!」
in 飯田橋w
良い思い出☆くるりはワンダーフォーゲルもいいよw

以上、5曲のご紹介でした。
はっぴぃえんどやフィッシュマンズ、スーパーカーとか
いろいろ懐かしいの思いだしました。うーん。どれもいいね。
男性ボーカルだったので、次回は女性ボーカルを紹介しますね。
では。
posted by Kozue at 00:05| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

music post :ハンバートハンバート

今日から好きな音楽をちょこちょこ載せていこうかなと思います。
ラジオコーナーのような感覚で。

music post :今夜は「ハンバートハンバート」さん。
疲れてホッと一息つきたいとき、
心が何も感じなくなってしまった時、
ハンバートハンバートさんの音楽を聴くと
乾いた土に水をあげて生気を取り戻した植物のように
心が戻ってくるんだ。
あぁ、良かった。私の心ここにあったんだってね。

最初の1曲目は


夢を思い起こす時、この曲を聴いています。
詩が書きたくても書けなかった10年、
詩作を再開したいと強く願っていた頃、
この曲を何度も聴きました。
「うまくなくていいから きみにとどくように」
この歌詞に何度も勇気を貰いました。
ハンバートハンバートさんの曲の中でも一番好きです。


2曲目は


同じくハンバートハンバートさんからもう一曲。
歌詞がとにかく好きで、私はアメリカに行ったことがないのですが
空や広大な大地の情景が浮かんでくるんですね。
「青い月の下、彼方に光る都市 あなたの声が優しく響いてくる」
「ちっぽけな僕には描ききれない 大きな世界があった」
のびやかな世界観がとにかくたまらない一曲です。

3曲目は


私の好きな詩人山之口獏さんの生活の柄を歌ったものです。
これは高田渡さんバージョンもおススメです。
やっぱり歌詞が好きです。
「歩き疲れては夜空と陸との隙間にもぐりこんで」
貧乏な生活にもユーモアを含んでいるのがまたよくて、
寒くなり始めた初秋にこまったなぁと頭をかいている獏さんが見えるようです。
私も自分の詩が歌になってくれたら嬉しいな。

今日はハンバートハンバートさんから3曲をご紹介しました。
では。



posted by Kozue at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする