2017年10月15日

断酒1年4ヶ月目 

#断酒 #卒酒 #酒断ち #stopalcohol #1年4ヶ月#ハッピーライフ#妊娠7ヶ月突入 #おかげさま#一期一会#更なる心境の変化お久しぶりです。すっかり更新も減りましたご断酒は変わらず継続してます。今日で断酒1年4ヶ月。そして同時に妊娠7ヶ月になりました(^^)胎動もかなりあって元気なご様子。早く会いたいな😊✨飲まなくなっただけ。出会えた人みんなが、飲んでも飲んでなくても、自分を大事にして良き人生を歩んでいけると思うととても嬉しいです(^^♪いつも幸せを祈っています。

今日で断酒開始から1年4か月が経ちました。
この月のカウントは、いつも初心に帰れる大切な日。
あの日、から1年4か月というカウントも兼ねています。

体調も心も良好です。
仕事もプライベートも良好です。

お腹の子も元気で毎日ポコポコお腹をけっています。
1年前には想像もできなかった生活を送っています。

内面がひとつひとつ大きく変化していくのを感じます。
こうなりたい、そうねがった幼い私が、今一生懸命人生を豊かにしようと奮闘しているのがわかります。
よく頑張っています。

積み重ねてきた経験と知識がやっと咀嚼できて、
体中の栄養となって
心が健やかになっていくようです。

断酒を始めてからスモールステップを重ねながら階段を一つ一つ上ってきました。

〇あせらず、ゆっくり、ていねいに

〇あおいくま

〇自分に合ったやり方で

〇自分をたくさん褒めること

〇本来の自分に戻ること

いずれも断酒を始めてから出会った人たちから教わったことです。
断酒をしている人とそうでない人もいます。

いずれも大切な人達です。

いつも、いつも

おかげ様で今日があると感謝がつきません。
ありがとう、感謝が宿る心で。

豊かに生きる道をこれからも歩んでいこう。
そんなふうに思う、今を生きています。
posted by Kozue at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

指摘に感謝 「飲まない幸せ=飲んだら不幸せという意味ではないのです」

仕事でもプライベートでも自分の考えや思いに対して

相手の考えと必ずしも一致することはなくて

ときに真逆のときもある。

それでも良好な関係を築いていくには

普段からのコミュニケーションがとても大切で

信頼関係の土台がしっかりしていれば相手の意見や考えや気持ちが

たとえ自分と異なっていたとしても受け入れる許容度は高くなると思う。

そうでない場合でも、受け入れる側が相手に対してどのような気持ちで向き合っているかで

また受け取り方がずいぶん違ってくるように思う。

私がよく使っている言葉に「飲まない幸せ」というのがあります。

これは「飲まない幸せ」=「飲むことは不幸」or「飲んではいけない」

ということを言いたいわけではないのです。

私の場合の「飲まない幸せ」

=「飲んでいたころにしていた他者を困らせる行動・言動をしなくていい安心感」
=「飲んでいたころにどんなに頑張っても得られなかった自己実現がどんどん叶っていく充実感」

を指しています。

お酒を飲んでいたころはとにかく心の中ではいつも辛く苦しく暗かった。
いつでも体調不良と寝不足で心の不安定も抱えていた。
飲まずにはいられない異常さにも気づかず、毎晩少量でも飲んでいた。
何より、美味しくないとわかっているのに酔いたいだけのためにアルコール度数の高いお酒を体に入れているだけで
本心はずっとやめるタイミングがわからず苦しんでいたことが今思えば一番苦しかった。




ずっと、ずっと、いつだってお酒は美味しいと思えなかった。不味かった。



お酒をコミュニケーションのツールにしていた。
機能不全家族に育って、自分を常に過小評価して、臆病で劣等感の塊で、見捨てられ不安に怯えている自分を癒す薬にしていた。



スーパーポジティブ、全肯定な主人と出会ってから心はだいぶ前向きに変化はしてはいたけれど
お酒だけはどうにもならなかった。
主人もお酒だけは匙を投げていた。
でも神様からの粋なはからい。もうやめなさいというメッセージとともについに大きなしくじりを経験してやっと目が覚めました。

そのプロセスが自分の中でしっかりと落とし込めて、
飲んでも飲まなくても根本をみつめてケアしていかなければどんなに薬を飲もうがお酒を断とうが仲間がいようが変わらないんだと自分なりのお酒を飲まない生活から得た答えがでたのです。

ケアしていくなかで、その手段や自信回復のためにもお薬や仲間とのつながりは非常に有効であることは、実体験から重々理解していますし、むしろ推奨します。

なぜお酒を飲むことをやめたのか。
やめるまでのプロセスに答えはあって、飲まない方が私は生きていくうえで幸福感を得ることができること。
これが飲まない幸せと言っている背景です。

だから、飲んでいるから悪いとかではないのです。
本人が飲みたくて飲んでいるのなら私はそれで一向に、まるで構わない。
飲んでいることで人格否定をするつもりもないし、
付き合いをやめるわけでもないし、何より私の大嫌いな意見を押し付けることもしたくない。

押し付けられることは私も大嫌いです。
断酒たるもの~
依存症者たるもの~
善意であれそういわれるとかなりのストレスを感じます。

その気持ちがわかるから、とある友人とのやり取りで指摘された「飲まない幸せ」は「飲まない方が幸せ」と受け取られてしまうことがわかって、とても感謝しています。

今は人からの指摘はありがたいと思えます。
いくらでも成長していけるし、気づけなかったことに気づかせてくれたのだから。
(これもお酒をやめてから変わったことの一つ。
断酒前はすべての指摘に人格否定されたといちいち落ち込んでいた。)

押し付けではなく私自身、またお酒を飲むのをやめた友達がそれぞれに感じる幸せを、それぞれの人生の中で紡いでいこうね。という意味合いであると伝えていきたいです。

因みに私が距離を置く人は、関わることで、共依存になりそうな人とは愛をもって距離をおくことにしています。
それはどんなことでも私が肯定してしまうので、相手との関係が共依存関係になってしまう経験を嫌というほどしてきた背景があるのです。
相手の成長を阻んでしまう関係は本意ではありません。
相手の成長を心から祈り距離を置かせていただいています。
きっと乗り越えてよりよい人生を築いていると心から信じています。

表現は難しい。
けれど、これからも伝え方の努力、受け止め方の努力を続けていきます。
(*^^*)
posted by Kozue at 00:50| 東京 ☁| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

ノンアルフレンズ

C740EA45-2E63-4A52-8078-8FF0AD4F2C4C.jpg

星野源さんのフレンドシップ。
とても好きな一曲です。

昨日は断酒繋がりの友達(仲間と言うより友達と言わせてくださいw実は仲間という表現が苦手なのです。一括りにされてちょっと息が詰まります。)からまた断酒始めると連絡が来ました。

ずっと頑張ってるのをみてましたから、これじゃイカンと思ったのです。

と。
なんて嬉しいことを!
続けていることで誰かを励ませるなんて、こんなに嬉しいことはないです。

私も励みになりました\( ´ω` )/
無理せず快適ノンアルライフ。
一緒に進むノンアルフレンズも飲まない幸せを折り重ねていけますように(^^♪

友達関係は昔から程よい距離感が保てる人と繋がれて
適度なやり取りにとてもフレンドシップが好調です(*^^*)

それぞれの魅力あるライフに敬意と感謝を。
いつもありがとう。
これからも、よろしくです(*´∀`*)
posted by Kozue at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

自分の心をみつめる 断酒ライフ・エゴグラムからの分析

今日から10月。
断酒記録に始めたインスタグラムも開始して1年になります。

お酒によって崩れた妹との信頼関係の再構築として、彼女にもフォロワーになってもらい
毎日断酒日数カウントアップの画像をあげていました。
1年を超えたら断酒が安定したのものあり、今はたまに気が向いた時だけカウントアップを載せるようにしています。

#卒酒  #happy  #自分褒めたい  #感謝です断酒インスタも一年になります。この一年大変よく頑張りました。はなまるです💮💯(*´∀`*)えへへ


最近、再飲酒している人をたまたま何人かみかけました。
笑顔で前向きな言葉も綴られていたので大丈夫そう?だなと感じました。

自分自身は安定しているけど過信しないように気を付けています。
実際はただ安定しているのではなく、安定するように環境(意識)を整えているからなのだと思います。
まずは疲れをためすぎない。これは断酒でなくても大切なことですよね。
あとは飲んでる人、飲みたがっている人のそばにいるとすぐに自分もそうなるタイプなので、そんな記事に出くわしたらちょっと意識をそらすようにしています。

交流分析のエゴグラムで最も高かったAC(ここでいうACはアダルトチルドレンとは異なります)
Adapted Child (合わせる私)が高い=人に合わせやすい傾向が強い
これが以前よりは低くなったものの意識しないとすぐに高くなってしまうのです。

去年、私が再飲酒をしたくなるタイミングは、きまって会社の飲み会でした。
なので飲酒している人のそばにいるのは去年の私にはかなり危うい環境でした。

お酒に関係したものに触れたとき、意識して思考の働きに気を配るようにしました。
ここでエゴグラムをもとに私なりの内面へのアプローチ方法を紹介しておきますね。
参考サイト:五つの心の動き

主にA=Adult (考える私)を意識して、次にNP=Nurturing Parent (思いやる私)や
FC=Free Child (あるがままの私)の内なる声を聴く、といったように自我バランスを上手にとるようにしています。

まずはA
Aは理性で対応する思考なので「再飲酒した時のデメリット」を真っ先に脳に指令をだすようにします。
デメリットを理解してお酒を遠ざけます。
・歯止めが利かなくなるまで飲む
・妹、家族と築いた信頼関係を崩す
・断酒再開の道はおそらくより困難になる
・お酒の耐性が落ちているので命の危険につながる

次にNPとFC
NPとFCは母性的な優しさと子供らしい素直さが表れます。(職業でいうと保母さん・お笑い芸人のようなイメージ)
ここでは他者ではなく自己へ向けて自分の本当の心の声を無視しないようにします。
・飲んだら美味しいかもね、でも私が飲んだら絶対に人に迷惑かけるからそれはやめておこうね
・飲まないと、より自分がなりたい自分になれて楽しいな、嬉しいなー

そしてCP=Critical Parent (価値付ける私)
CPは父性的な厳しさが表れます。ねばならない、が高い人はCPが高い人です(職業でいうと警察官のようなイメージ)
・また飲んで家族を傷つけることは絶対にしてはならないと意識する

最後にAC
従順さが表れるので、一緒に飲みたくなったら
・人に合わせなくても大丈夫よと自分に言い聞かせる(子供に頭をなでるイメージで自分をなでなでしておく)

エゴグラムは常に変化しています。自分の意識次第でいかようにも変化します。
私自身の経験ですが断酒開始して間もないころは、飲みたい欲求との戦いでエゴグラムどころではないので、
まずは飲まない行動療法が第一に有効でした。
次に飲まなくなったけど飲みたい気持ちの葛藤がまだまだ残っているので
認知を書き換えながら(飲まないメリットを語り合える仲間とのやりとりが効果的です)飲まない習慣を続ける、認知行動療法へ。
認知を書き換えないままだとストレスがたまり再飲酒に繋がりやすくなります。
飲まない習慣ができたら飲まない自分を高評価し、なるべく外の世界との繋がりを増やしながら人生を謳歌していくコツを見出すようにしていくと認知の書き換えができていくように思います。

そして安定してきて連日お酒のことを考えなくなってきたころにふと湧き出る飲酒欲求にエゴグラムで内面コントロール(言うなれば治療的カウンセリングから予防的カウンセリングへのシフトチェンジです)をしていくのが効果的な気がします。
エゴグラムを学んだのは10年以上前ですが断酒が落ち着き、セルフカウンセリングをしていく中で自分を変える手法の一つになりました。
今はこの予防的カウンセリング、コーチングなどにあたりますが、スポーツ選手も取り入れているよりよい環境づくりへのアプローチがメインとなっている生活に落ち着いています。

強い意志ではどうにもならないと言われている断酒。
心の変化は目に見える変化としてすぐにはでてきません。
でも飲まないことで、一つ一つ自分の意識の変化が実は水面下で起きているんですね。

一つ一つの僅かな気づきや喜びが、飲まない自分を作り自信となり明日につなげていく糧になっていく。
その僅かなことに如何に気づき喜べるか。ここにかかっていると感じます。
最後は純粋な素直さが自分を救ってくれると思います。
断酒は子供の時のように素直に感動し、喜べる自分との再会が待っています。

何に傷つき、何に怯え、何を恐れ、何に怒り、何に飢え、何に悲しんでいたのか。
そして、
何に感動し、何に喜び、何が好きで、何をしたかったのか。
お酒を止めると内なる声が聞こえて、その声をしっかりと受け止め癒し始めると
人生はこれまでにない大きな変化が始まっていきます。

安定していてもまだまだ私は危うい2年目。
自己実現をちょっとずつ叶えるために試行錯誤しながら
自分の心を見つめ断酒生活を続けていきます。
posted by Kozue at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

嬉しいシンクロ

断酒生活、とても落ち着いています。
先日、自分の断酒スタイルはこれだなと明確に思えたことで
自分の方向性が定まってより断酒が楽しくなりました。

同じように私より数年先に断酒を始めた先輩も心理的技法に興味を示されたようで
ものすごくうれしくなりました。

ずっと背中を負い続けているような中で、
ちょっとでも横に並んでともに歩いていけるような感覚になれたのが嬉しく思います。
理解を深めてシェアしてくださるとのこと。
今からとても楽しみです。

それから、同じ断酒友達が昨年よく言っていた言葉が最近リフレインしています。
我々はまだ回復途中なんだよ、と。
私もまだ1年ちょっとの断酒歴。
まだまだ回復途中です。
だから自律したメンタルでない人とつながると共依存になる可能性が大きいという自覚を今なお強く思います。
再飲酒も怖いですが、私は共依存も同じくらい怖いと感じています。
もう大丈夫。よりは、まだまだ危うい自分を自覚して過ごすことの大切さを今やっとわかるようになってきました。
行動療法と認知行動療法をまさに実践しているといって過言ではない断酒生活。
一段ずつ、登っていくイメージで。
ちょっとつまずきそうなときは一段戻ってもいいから焦らずに。

息子がおもちゃの「あおいコマ」を間違えてずっと「あおいくま」と言っていたおかげで久しぶりに
コロッケさんのお母様の格言、「あおいくま」を思い出しました。
この言葉もその友人から教わりました。

あせるな
おこるな
いかるな
くさるな
まけるな

この言葉をしっかり刻んで断酒500日、2年、3年と続けていきたいです。
英知をもって互いの経験が互いを助け合えるように。
繋がり支えあっていきたいです。
posted by Kozue at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

私の断酒へのアプローチ方法とモチベーション

このブログのURLは


「アルコール摂取をやめる=断酒(今風でいうと卒酒でしょうか)」
その意志を込めて決めました。
よこについているカウントアップもそのためです。

断酒1年目は何度も飲酒欲求とも戦いました。
でも、先にスタートさせた先人たちの意見どおり、1年過ぎたらすとんとつきものが取れたかのように飲酒欲求が落ち着きました。

1年の間に様々なトラブルが絶えませんでした。
アルコールに代わる依存体質や対人関係への苦手意識再燃、
アダルトチルドレン、インナーチャイルドとの対峙、
それに加えて発達障害を持っていたことがわかったり。
自分の中の諸問題に一つ一つ取り組み始めた年でした。

もとを辿れば11年前心理学を学びたいという強い衝動に駆られ、
ダブルワークをして専門学校のお金を貯め始めた頃からずっと自分を変えたいと願っていたことが、
今ようやく実を結び始めた結果なのだと思います。

2年半かけて心理学や心理カウンセリングを学び、資格を取得しても生きづらさはなかなか変わりませんでした。
それどころかどんどん悪化していったようにも思います。
でも、振り返ればどのプロセスも大切な通過点でした。
好転反応も含めて最後に断酒という大きな試験がどーんと用意されていたように思います。

無事に1年目はクリア。
こんな難しい性格の私にも快く付き合ってくれる仲間と家族のおかげで飲まない1年をキープできました。

そして、2年目に気づいたのは私は学んだ心理学をもとに、依存症そのもの、根本からアプローチしていきたいという思い。
同じように断酒している人を見ていると全員ではないにしても幼少期の過去がとても大きく影響していることがよくわかりました。
アルコール依存症だけでなく、世の中には摂食障害、躁鬱病、統合失調症など精神疾患を抱えている人がいかに多いかを知りました。
自分の知っているわずかな知識でも少しづつ知識を深めながら依存にならないための生活や心の在り方、そして子育てについて学びを深めアプローチしていきたいと思っています。

同時にそれが私の断酒のモチベーションにもなっているとも思います。
心の枷をはずして生きたいように自由にのびのびと自信をもって生きる。
そんな人が1人でも多く増えるように、人として、母として。
これからも学び続け発信していきたいです。

できることを精一杯。

やっぱり人は学びや感謝を還元していく生き物なのですね。
そしてそれは生きるモチベーションにも繋がりますね。
そんな志ある仲間が私にはいます。
今はそれが断酒ライフの誇りです。
彼らに出会えたことにも感謝し、やはり断酒継続のパワーになっています。
付かず離れずの私らしい付き合い方にも愛想をつかさない優しい仲間に感謝とエールを。

これからもマイペースに断酒ライフを続けていきます。
posted by Kozue at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

断酒1年3ヶ月目

無事に帰宅しました。
妊娠中期からが私は要注意。
切迫早産にならないよう気をつけて過ごさないとですね。
お腹の子と相談しながらお仕事家事育児やっていきます!

862E8A9B-7189-46AE-B54B-B3927DE883EC.jpg
先日食べたハムカツ定食。
夜までまお腹が空かない腹持ちよすぎ!
定食屋巡りにはまってます(*´艸`)


さて、断酒1年3ヶ月目です。
飲酒欲求はゼロです。
脳裏をよぎることもない生活です。
あれほど欲していたのは何だったのでしょうね。

断酒理由。
散々家族に迷惑をかけたからです。
私はアルコールを摂取するとコントロール障害を引き起こします。
そのため飲み過ぎてしまうんです。
家族の平和のために。
生涯飲みません

飲まなくなってから何事に対しても忍耐強くなりました。
それから少しずつかなり少しですが集中力もついてきました。
自分を褒めたり癒す術もすんなりと入ってきます。
そうそう、悲観的な思考が劇的に減りましたよ。
それともう数ヶ月経ちましたが人に対しての心配症もなくなりました。
エネルギーバンパイアにすら気にかけてしまう私がいましたが、しっかりパーソナルエリアを守ることができるようになりました。
良い意味で自他共に成長を信じることが出来るから気にしなくなったのです。
疎遠になる、縁を切ると言うよりは依存断ちをしました。
構ってちゃん同士だったなぁって思ったので、寄りかかる自分がとても申し訳なく感じたのもあったのです。
あ、依存になるな、とセンサーが働くようになってのめり込まないように適度にセーブできるようになりました。

人は自分の力で立ち上がれるしその力を持っているから。
みなさんきっとそれぞれ素晴らしい気づきを得て成長をしていると思います。

お酒をやめると問題だった事がクリアになって乗り越える力がついてきます。
そして自分でも知らなかった新たな自分に出会えます。
嬉しい出会いです。
これからも変わらず継続していきます



Yahoo! Newsで18歳の大学生が急性アルコール中毒で亡くなったニュースを読みました。

お酒を飲んで命を落とすなんて
これ程悲しいことは無いです。

お酒に興味を持つ年頃なのは分かります。
アルコールの害をきちんと教育してくれる場があればいいのにと、切に思います。


いよいよ三連休目前!
家族でお出かけです!
楽しみです

posted by Kozue at 01:17| 東京 ☁| Comment(0) | 断酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする