2017年09月10日

私のウィークポイント克服③ 曖昧さ耐性を高くする

前回の続きです。


生真面目さの一つの要因として、
これは発達障害の症状の「拘りの強さ」が主に出ていると思います。
発達障害の特徴なので「脳の問題」でもあり簡単にはいかないのですが子供同様、時間をかけて訓練ですね。
むしろ息子も将来同じことで悩むかもしれません。
そんなときのためにも自分なりの克服方法を見出しておきたいです。

合わない人との付き合い方。

ストレスをため込むまで無理に合わせ続け、付き合い続ける必要はあるのでしょうか。

ありませんよね。

いろんな人がいるし、無理をして我慢して付き合わないといけないルールはありません。
その人に指摘してもしなくてもいい。
言う人もいれば、言わない人もいますよね。
その自由は誰しもがあります。

言うことが親切になることもあれば、不親切になることもある。
その答えはその時、その人たちによってくるくると変化している。
正解なんて誰もわかりません。

だからこそ、曖昧さ耐性を高くすることが大切になるのです。
つまりはグレーであることを許せる自分になる。
白黒つける人ほどストレスに弱く、怒りが爆発しやすい。
グレーであることに慣れ、受け入れていくこと。
ここが私の課題となりました。

「こんな人もいる。あんな人もいる。
関係をわざわざ終わらせるようなことを言わなくても、
そっと距離をとってみる。
白黒つけずグレーのまま様子をみていくことに慣れていく。
そんな方法もあっていいと思いませんか?」

これもまた自覚ありでした。
カウンセラーの言葉に知識がお飾りになっていて活用できていない自分に気づきました。
あーやっぱり曖昧さ耐性のことを言っている!!ですよね、ですよね。。
やっぱりこれだったか!!わかっていたけれど…!

私は自分は自分、人は人、だからそのままのあなたでいいし、このままのわたしでいいと
心底思っています。
他者を否定する権利はないと思っています。
白黒つけないグレーを保つことも知っていました。
でもこうしてフィードバックしてもらって分かったのは実践できていなかったという自分の未熟さ。
円熟した大人になりたい。豊かで心身健やかな人生でありたい。
できていなかったことへの反省と気づきと課題。
曖昧さ耐性を今こそ高くしていく絶好の機会です。
また、伝えるときの恐怖心を癒していく方法も同じく自分の課題の一つにしたいです。
この機を逃さずしっかりと自分と向き合っていこうと思います。

課題が見えたところで今度は具体的事例を見ていきながらその対処法を一緒に考えていく方針でカウンセリングは終わりました。
心理カウンセリング。なんて奥が深いのだろう。
今回、かなり腕のいいカウンセラーに出会えたと感謝しています。
私も大昔にかじったけれど学んでもやっぱり身につくのは10年、20年とかかるのですね。
臨床心理士の友人も10年超えてやっと心理学がわかってきたと言っているくらいですもの。

年内あと3回かな。出産までには一段落したいです。
カウンセリングは数多くこなせばいいものでなはく、こうして終えた後クライアントの心の変化の時間も大切な治療時間となります。
豊かな人になれると信じて。
焦らない、焦らない
また次回のカウンセリング後に、更新していきたいと思います。
が、できてなかったらごめんなさいm(_ _"m)

私のウィークポイント克服
①~③でひとまず今回はこれにて!

posted by Kozue at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | cocoro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください