2017年08月27日

七五三前撮り大失敗!

今日のスタジオアリス、激混みでした。
なんでも8月期間中に前撮りをしておくとお得な特典付き放題!なんですって。
当日知りました。

しかし、残念ながらうちの子の発達障害あるある?が例外なく発動しました。

「施設内で混み合っている状況を嫌う(特に子供が多いところ)」

事前に現地までスムーズにいくシミレーションをして
持っていく荷物も万全にして
私たちもそれなりの服装をして(主人はスーツ一式持参)
いざ出発!

道中トントン拍子で滞りなくスムーズにいきました。

事前にしっかり遊ばせましたしね。

でも、いざ撮影スタジオにいくと、やっぱり嫌なものは嫌。

一時間の説得も虚しく、本人の鉄の意志により我が家は七五三は(前撮りもお参りも)やらないことに決定

非日常の状況を息子はかなり嫌います。

発達障害の特徴として予測できないことを嫌う傾向があり、日常と異なるシチュエーションが苦手なのです。

年齢が上がるごとに少しずつ定型発達児と変わらないようになってきたことも増えていたのですが、

こればっかりはやっぱり無理でした。

主人も私も想定内とはいえかなり落胆しましたが、切り替えてご飯(お寿司ー!)を食べて帰宅しました。

これ以上言い続けるとパニックを起こしてしまうし、何より本人を苦しめてしまうしトラウマになるでしょう。

それに納得していないのにやらせたところで、たぶん身体的に何らかの症状も出るでしょう。
無熱性痙攣になるのではと怖くなりました。

そして何よりも、親の怠慢で七五三をやらなかった理由はないので、
親ができることはやった!と
私たちも諦めがつきました。

周りの家族が羨ましくも感じたけれど、これがわが子の出した結論なんです。

もう5歳になれば自分から衣装を選び、ポーズをノリノリで決めてる男の子なんてざらです。

うちの子ももう分かっているのです。

しっかりと「僕はここで着替えてお写真を撮るのが嫌なんだ!!!!!!着替えるの嫌いだ!」

自分の意志を何度もなーんども叫んでました。

親、折れました。

これ以上はもう親のエゴになりますからね。

親:「わかりました。ではもう帰りましょう。」

息子:「ヤダ!!帰らない!遊ぶー!」

↑これはわがまま。さんざん遊んだし、好きなものもたらふく食べましたので。

なので、ここは親が折れてはいけないところ。

なので本日の任務終了ー!!

お疲れ様でしたー

まだまだこだわりや苦手な環境克服とはいきませんが、受け止めつつ彼の性格や個性を認めつつ

ドタバタ育児を頑張っていきます

帰宅後はのんびりと家族タイム。一緒にシールやカードで遊んで本人も満足そうでした。

君もお疲れさま。自分の意志を言えたこと、実は結構すごいことだなとも思っていますよ。

失敗は成功の基。これもまた一つ我が家の思い出となりました
posted by Kozue at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください