2017年08月24日

産休育休取得本決まり!

夢を見ているようです。

産休育休取得が叶いました。
まだ産休までですが、育休は追って夫の会社の育休と合わせて期間を見ていこうと思います。

この二か月、妊娠したことが悲しく何だかずっと暗闇の中をとぼとぼひとりで歩いているようでした。

でも実際は、相談機関に相談して多くの援助を得ていたり、
友人達に相談して励ましや助言をもらったり、時々育児の話をしたり、
中には久しぶりの連絡を喜んでくれた地元の友人もいて、しかも同じ妊娠2人目!でお互いにおめでとうを言い合ったり。

孤独ではありませんでした。

主人も一緒に考えてくれたり育児に協力的で、体調不良の時は家事も全て引き受けてくれました。

恵まれていることを痛感した2ヶ月でもありました。

今回の話し合い直前までもう無理だろうなと諦めていたので、上司の言葉には本当に驚きました。
実は労働審判までいくところでした。
あんなに強気だったのに何があったのか本当に不思議なのですが、
上司曰く別の所で相談して今は産休育休をとる時代だという話になった事でこの運びとなったとのことです。

退職勧奨を受けた時、めげずに労働局均等部にコンタクトをとって良かったです。
粘って粘ってよかったです。
粛々と仕事をして、話し合いも感情的にならずに進めていってよかったです。
これで息子の退園問題は何とかクリアできました。

会社の言い分も痛いほど分かります。
私も従業員として、同じ思いを抱えている立場でもあります。
たくさんの厳しい指摘もありました。
自覚も問われました。
それでも、通勤時や出勤が難しい日は無理をせず休みを取るよう、
また残業も無理ないように気遣う言葉も頂けました。

うちの会社では初めての産休育休取得者となりました。

上司、同僚には大変な思いをさせてしまうことを心得てこれまで以上に尽力致します。
話し合いの最後に、元気な赤ちゃんを産んでくださいと言ってもらえて本当に嬉しかったです。
ありがとうございます。

今回お世話になった全ての方に心から感謝致します。
浮かれずこれからも粛々と過ごしていきます。

(*˘︶˘*).。.:*♡


posted by Kozue at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 産休育休 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください