2017年09月21日

妊娠6ヶ月

すっかり忘れてました。
妊娠6ヶ月が過ぎました。
元気にお腹をポコんポコん蹴っています。
体の機能がどんどん出来上がって来ている証拠ですね。
嬉しいことです。

最近は心配していた通り
お腹が張るように。
お腹が張るとは妊婦さんしかわからない感覚なのですが、子宮(下腹部)が張って痛みが伴うものです。

これは良くない症状で切迫早産の要因になります。
1人目の時も妊娠中期から後期はお腹の張りとの戦いでした。
薬と安静の状態で何とか安定期まで持ちこたえ、薬をやめた途端に破水。
小さく生まれましたが無事に元気に育っています。

2人目もやっぱり同じ症状が出ています。
会社通勤があるのでかなり慎重に過ごさないとです。
満員電車とお腹の張りとの戦い。
七時台から六時台にしないとやっぱり満員電車回避にならないかな
早起きせんとです。

そろそろ服もマタニティ仕様にしないとでした。
今はネットでオフィスカジュアルのマタニティ服もあるので本当に便利。
季節の変わり目なのでもう少し様子みてから秋冬服を買おうと考えてます

スクスク元気に。
母子ともに健やかな妊婦ライフ楽しみます
posted by Kozue at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

子供に絶対に言ってはいけない言葉



子供に
生涯絶対に言ってはいけない言葉がある

それを子供に言いそうになったり
言ってしまったら
100%自分のメンタルケアに注力した方がいい

あなたなんて産まなきゃよかった
なんで生まれてきたの?

この言葉を発してしまったら
間違いなく発した本人に問題がある
寂しさ
虚しさ
怒り
不安
言ってしまう本人にしか分からない苦労はあるだろう
でもその親のエゴで子供を傷つけてはいけないよ
発してしまったら
自分の心からのSOSだと受け止めてほしい
まずは自分の心のケアをして自分を癒す方が先になる
心が傷んだままでは人に優しくなんてなれないし歪んだ優しさを向けてしまいかねない
電話無料相談やカウンセリングや児童相談所や市役所の児童課に相談することも出来る
特に行政に子育てに苦しんでいることを相談するとペアレントトレーニングを受けることも出来る
完璧な親なんていない
どんどん頼れる機関に頼ってほしい
親から心無い言葉を浴びせられ続けると純粋無垢な子供は受け止めきれないほどの悲しみと心の傷から背負わなくていい苦労を背負ってしまう

依存症
過食、拒食症
境界性パーソナル障害
希死念慮
あげればキリがない

親の
貧富とか
学歴とか
人付き合いとか
そんなの子供には関係ない
子供は無条件に親が好きに決まっている
親に条件を出して好きになるなんてことはない
だから

あなたがいてくれて嬉しい
生まれてきてくれてありがとう

この言葉で充分なんだと思う


自分を愛してほしい
そして
子供も同じように愛してほしい

きっと

幸せな日々に繋がっていく
子供は自分を活かす道に進んでいく子になる

プラスの言葉の力を借りて
幸せな道を辿ろう
私も忘れずに胸に刻んで生きていく


posted by Kozue at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未就学児期間中の共働き世帯は残業する夫より定時帰宅の夫の方がめちゃくちゃありがたいのが私の本音

愚痴ではないのですが、タイトル通りのことを365日思っています。
主人なりに頑張ってくれていることは充分理解してるのでとっても感謝しています。

が、やっぱり早く帰宅してくれた日には心底有難いです。

今はまだ息子だけですが、一人っ子ですらそう思っています。
共働きでなくても
育児期間、とくに就学前の子供がいると

残業する夫より定時帰宅の夫の方がめちゃくちゃありがたいー。

のです。

保育園のお迎えにスーツ姿のパパさんみると
よぅ!戦友!!あーたえらいねぇ!と心の中で言いたくなるくらい好感度アップ。
(直接言える勇気は死んでもありませんが)

子供を見てくれる数が多いほど育児は楽になりますね。
ワンオペ育児はやっぱりつらいですね。。

子供も家族揃うと喜ぶし私も家事がやれて睡眠不足もなくなるしいいことづくしー\( ´ω` )/

半月は残業ありで、もう半月は定時とか、そんなでもいいからいてくれたらなぁなんてやっぱり思ってしまうのでした(ノ´∀`*)
posted by Kozue at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠こそ最良の回復薬

睡眠不足ほど体力、気力を奪うものはないと実感する毎日です。

昨日は睡眠不足のせいで業務が進まない進まない。
悔しい1日となりました

眠い
だるい
頭痛
思考停止
ミスしやすいので余計に時間がかかる
子宮もじわりと痛い
虫歯じゃない歯が痛み出す
元気がないので気分も暗くなる

いいことないですねー。

お酒を飲んでいた頃は
睡眠不足の上に二日酔い
完全に使い物にならないポンコツでした。

お酒を飲んでいなくても睡眠不足一つでここまで不調のオンパレード。
睡眠7時間は死守しないとなりません。

もう平日はほぼ家事放棄です
最低限の家事と育児のみ
最低限のレベルはその家ごとに異なるのでご想像にお任せします。

この歳になって仕事が楽しいのは仕事があっているからなのか
上司が放任主義(丸投げ)だからなのか
分かりませんが
今任されている20000以上のデータとのにらみ合いは意外に楽しいです。
(ホロスコープをみると魚座の感性より水瓶座のものづくり気質が30すぎてから出始めたようです。面白いなー。)
兎にも角にも万全の体調で挑まないとデータに不備が出てしまう。
睡眠不足が一番の天敵です!
毎晩がっつり寝ることを目標にします\(^o^)/
さてお仕事頑張るぞー!

posted by Kozue at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それを共依存という

励まして
励まして

裏切られて

励まして
心尽くして
突き放されて

励まして
励まして

疲れきった
過去がある

励ましていた相手は
いつも何かしら言い訳をしていた
大切な気持ちや考えだと思って寄り添った
傾聴した

しかし

相手は変わらずにいた
もっと悪化していくように思えた

寄りかかる相手がいることに依存している
無意識のうちに
そうしている相手と
そうさせてしまっている自分と

これはなんの成長の見込みのないやりとり
これを共依存というのだろう


心療内科
臨床心理士
彼らの力がもはや必要
相手は専門家が必要なレベルなのだ

力になりたいと本気で思っては散々傷ついた
非力な自分は虚しくて無力だった

私はもう、そのやり取りはできない
共依存関係は
望まない

心が疲弊するやり取りは破綻の一途しかない

いずれ相手は上手くいかないストレスのはけぐちとしてネガティブな事ばかり言うようになる
苛立ちを見せ始め些細なことで切れやすくなる
聴く側もどうしょうもなく受け止めきれなくなる
その場しのぎのやり取り
相手は聞く耳を持っていないから同じことの繰り返しが延々続く

関係は破綻する道しかない

相手の回復を願い信じ身を引く
相手は適切な診療を受けるほうがいい
これも大切な関わり方だと習った
良かれと思ってやっていることが実は相手の成長を阻んでいることもあるのだ

だから
共依存関係になる前に
相手の成長、回復を願い信じ身を引く

今はそれが健全でベストであると

心底思う

posted by Kozue at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

物を捨てること

昨日の休みはドラマ観賞以外に、もう一つしたのは
部屋の掃除。
不要なものを捨てました。

といってもごく一部なのですが、
そのごく一部だけでも部屋の広さが変わったので驚きです。
引っ越したいともやもやしていたのが晴れました。

ほっておくと狭いマンションなのですぐにものであふれてしまいます。
いらないもの、使わなくなったもの、古くなったものを見定めて
捨てる。

これを日常的にやっていきたいと思いました。
主人も一緒に手伝ってくれたのですが、
終わった時とってもさわやかな気持ちになったんです。
お互いいい顔になってました。

なんだが金運もぐんとあがっちゃいそうなくらい気持ちがいいね!と笑いあっていました。

部屋だけでなく気持ちまですっきり。
次はあそこのエリアを綺麗にしようとカレンダーをみて掃除日まで決めました。
そのあとにあこがれの家具も一緒に探す予定です。

生活に少しの変化が生まれることで
マンネリ回避もできました。

9月後半も変わらずタイトなスケジュールとなりそうですが頑張っていけそうです。
緩急つけて穏やかな日々の暮らしを。
ささやかな日常でも喜びを見つけられる工夫を。
これからも見つけていきたいです。
posted by Kozue at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きるテーマ

人は生まれる前に今生で何を学び生きるかを決めて生まれてくるのだそうだ。
その学びのために、生きている中で様々な感情を感じるために
いろんな経験をしていくのだそうだ。

ふと思えたのは
私の生きるテーマは心の勉強なのかもしれない。

暗く辛く苦しい幼少期の経験

人と生きる中での心のありよう

発達障害ならではの鈍感さと繊細さ

何かを克服したり学んだり気づいたりしてくことがライフワークになっている

心の勉強こそ生きるテーマなのかもしれない

ならばよくよく学んでいくために
今までの悲しみも、痛みも、失敗も、挫折も、
必要な学びだったのかもしれない

これからも学び続けて生きたい
そして
やっぱり感謝をもって生きていきたい
どんな出会いも別れも
無駄なことはなかったと

最後までそう思って生きていきたい
posted by Kozue at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | cocoro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする