2017年08月25日

もう一つの問題。叔母たちへのコンタクト。

ちょうど妊娠が分かったあたりに父から受け取った母の妹たちへの返済金。

この返済が滞っていました。

一つは私の産休育休問題がありそれどころではなかったのと、

一番金額の多い叔母にまずは先に返したかったので日程調整をしていたのですが

まー日程が合わない合わない。

一向に合わず、もう投げやりになりかけていたのですが、
一つが片付くと連動して一気に話が動き出すと私の大好きな女性が言っていた通り

まさに動き出しました。

3人の叔母のうち、一番父と父の兄弟から被害を受けた叔母とも連絡を取ったら

これ以上のかかわりは拒否したい。お金も結構です。と断られました。

私の父とは一切の関りを断つことが一番の願いであることがよくわかりました。

実の娘ですらその心境は痛いほど理解できます。

父も父の親族全員狂人だからです。

常人の発想では思い浮かばない卑劣な思考が働く親族なのです。

私たち娘も母もずっとこの親族に長いこと苦しめられてきました。

それを母の親族に言っても信じてもらえずにいましたが去年の父の起こした騒動でやっとわかってもらえたのです。

母としては亡くなってやっと自分の無念さを理解してもらえたと天国で喜んでいるかもしれません。

お金を受け取ったらまたうちの父に何を言われるかわからない恐怖。

叔母はいつだって穏やかに私たち姉妹を支えてくれた恩人でもあるので心が本当に痛いです。

なのでお金は一時預かることにしました。父が亡くなった後、いとこたちに事情を説明して将来返そうと思います。

そして予定の合わない叔母とは来月会えることになりました。

連絡が取れない叔母が一番少額で振り込める金額なので封書でやり取りとなりました。

思ったよりもスローテンポで進んでいますが焦らずにやっていこうと思います。

母が残してくれた大切な返済金。

このお金があったから私は大学を卒業できたのです。

卒業できたから今の生活があります。

忘れてはならない感謝の気持ち。

どんなに時間がかかってもかならず返します。


posted by Kozue at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

息子の言葉

息子は私以上にお腹の赤ちゃんのことを気遣っています。

「お腹の中でえーんえーんって泣いてるの?」

「お腹の中で笑ってるの?」

「今嬉しいって言ってる?」

「お母さんあかちゃんぎゅーしてるの?」

「赤ちゃんなでなでするね。(私のお腹をさする)」

そんな調子で毎日気遣ってくれるのですが、今日は驚きました。

「よくきた、よくきたねー。赤ちゃんお腹によくきたねー

と言い出したのです。


産休育休取得の話が思うように進まずにいて毎日のようになぜこのタイミングで妊娠したのだろうと思っていました。

息子の時は子供ができにくくすんなりできたわけではなかったのです。

でもふと、今日仕事をしながら思ったのはお腹の子供が選んだのだなと。

私と主人の子として今このタイミングでこの地に生きることを。

どんな状況でも幸せになるために生まれてくるのだと固い決意をもって神様にお願いをしてきたのだなと。

ならば私はきっとどんな状況であっても子供を育てていけると思えたのです。

次の仕事でも私はきっと成長していけると退職を決意できました。

そしてそのあと取得できる流れとなりました。


話を戻してその夜、息子が「よくきた、よくきたねー。赤ちゃんお腹によくきたねー

と言い出した時、『あぁ、やっぱり自分で決めてここに来たんだね』と思いました。

本当によく来てくれました。

ありがとう。この2か月、ずっと暗い気持ちでなかなか手放しで妊娠が喜べずにいてごめんね。

私がまずその言葉をいうべきなのに。息子が先に言ってくれてハッとさせられました。

そうそう、余談ですが息子が神社が好きなこと、行きたがることをお世話になっている整体師さんに話したら

「稲荷系の子ですね。それは神様から呼ばれているんですよ。
遊びにおいで。徳を積みにおいで。って。だから行きたがるんです。
それと稲荷の子なので晴れ男ですね。」

行きたがるのは神様に呼ばれていたんですね。

そして息子はまさに晴れ男なんですよー!生まれた日も最高にいい天気の日でした。

これからは息子が行きたがったら私も喜んでいくことにします。

ありがとう、一つ一つに感動したりわくわくしたり気づかされたり。

人として成長させてもらえたり。

子供たちに心から感謝。

これからも自由気ままな息子の言葉を大切にしていきたいです
posted by Kozue at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする