2017年07月04日

妹と六本木デート行ってきました

今日は夏季休暇を1日取って妹と断酒1年祝いをしてきました。
ずっと行きたかったフィンランド料理のお店へ。

フィンランドキッキンタロ
場所は六本木ヒルズです。

本当は夜のコース料理を食べたかったのですが、平日は保育園のお迎えがあるため、今回はランチになりました。
いつか夜も行きたいなー!
3E584A4B-AF79-4901-8DEF-A54EEE501CD9.jpg0E076799-8A1D-4DF4-B4C9-B0C59AFA0CFA.jpg
フィンランド名物肉団子(≧∇≦)
サーモンもついてました!
ヘルシーで美味しかったー!
ドリンクバー付きです✨

店内も落ち着くレイアウトで食後もゆったりお喋り。

妹にマタハラの話をしたら、妹の会社も1人の妊娠した女性が産休育休取得に奔走して今の産休育休、育休明けの勤務時短制度を作ったんだそうです。

僅か数年前のことだそうで、大手企業でも古い体制を変えるためにやっぱり誰かが声を上げてやっていくしかないんですね。

今では当たり前に職員は産休育休制度を利用して復帰しているそうです。
もちろん、正社員じゃない職員も平等に取得しているとのことでした。

うちの社員も頑張ったから、しっかり取得できるようにがんばって!と応援してもらえました。

ここ数日、本当に様々な人から応援の言葉を頂きました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございますm(*_ _)m
良いご報告が必ずできるように未熟なりにできることを精一杯進めていきますね。
本当に励みなります。
心から感謝です!!

そして、お話戻してお店を移動してスイーツタイム!
六本木ヒルズ、どのお店もめちゃくちゃ美味しそうでかなり迷いました!

今回はモロコバーへ。
美味しいベリーパンケーキを頂きました!
3枚を妹とシェアしました。
EA36D407-8C6F-4992-850F-59E8DBA4C188.jpg

その後はちょっと寄り道。
テレ朝(笑)
73FBBE27-0E47-4468-855D-CB80AF1DF146.jpg
404B7B09-A90A-46E5-81E7-EB6CA33300B8.jpg

毛利庭園を抜けて、
お目当のハリネズミカフェへ!!
A4249B32-A69B-4390-836F-F054A6654236.jpg884E9BE8-789C-4376-B043-FECC0C80DA55.jpgDF6D3333-3FF7-4F1E-B48B-58B1C87A6553.jpg593DA0BC-363A-4D48-9709-88EFEE978488.jpg
可愛い!!
めちゃくちゃ可愛い!!
チクチクちょっと痛かったけれど癒されましたー

因みに。お値段、30分1400円でした
お客さんは殆ど観光できている海外の人ばかりでしたので、観光スポットなんでしょうね。
流行ってましたよー!

六本木駅周辺だけでもかなり充実しました!とはいえかなり歩きましたが六本木デートとっても楽しかったです^^*

はしゃぎ過ぎたのか実は帰宅後出血してしまい、慌てて産婦人科に駆け込むことになりました
無事元気な心拍が確認できましたε-(´∀`*)ホッ

いけませんね、ちゃんとお腹の子のことも考えて動かないと。
反省
主人がかなり心配してすっ飛んで帰ってきてくれました。
迷惑をかけてしまいました。。
しばらくは控えた方が良さそうです(´ヮ`;)

それでも本当に楽しい1日でした!
考えると暗くなってしまうので落ち込まずに、
また明日からえいえいおー!でやっていきます!

ではではまた*^ω^)ノ" ♪

posted by Kozue at 22:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

育児休業の権利と性格

事業主は、要件を満たした労働者の育児休業の申請を拒むことはできません。
すなわち、育児休業の権利は、事業主が承認したり、許可したりすることによって行使できる権利ではなく、
資格のある労働者が適法な申出をすることだけで行使できる権利です。

育児休業も「休暇」ですので、事業主は就業規則に定めを設けなければなりませんが、
就業規則に定めがないとしても、育児休業をとる権利は労働者にあります。

働く女性と労働法より一部抜粋
posted by Kozue at 00:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 産休育休 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっとうまくいく 今はその途中なんだ

落ち込まないで
どうせ私なんかとやさぐれないで
明日はお気に入りのピアスを付けていこう
最近さぼりがちだったメイクもきちんとしよう
好きな服を選ぼう
胸を張って生きよう
仕事も精一杯やろう
好きな詩も読もう
息子と一緒にご飯を食べて美味しいねと微笑もう

笑おう
うつ向かないで
笑おう
きっとうまくいく
今はその途中なんだ

#断酒 #断酒栞 <br />7月も頑張ります。<br />頑張れ自分!!<br />✧ ٩( ๑•̀o•́๑ )وエイエイオー!!
posted by Kozue at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

誰かが始めなければならないことがある

労働相談に行ってまいりました。
『行って意味あるのかな。』
気持ちは後ろ向きでした。
でも、行って本当に良かったです。

20270B28-99B6-42F8-80ED-C7D2D2F5E5EE.jpg

この時代、明らかな法違反となる、
会社の対応。

それは、どストレートな退職勧奨でした。

恐らく、「会社はこの制度を知っていないのでは?」と言う話にもなりました。



今回、相談して新たに知った事も多く、
主人も同行してくれて情報共有がその場で出来たのも良かったです。

とりあえず自分の着地点がクリアになりました。

あとは進め方と会社との落とし所のすり合わせです。

相談員さんは、
「この時代、こんなにわかりやすいマタハラはない」
と言ってました。

「妊娠したことに後ろめたさを抱かせる時点でマタハラです。
妊娠したことを悩むことは今日でやめましょう。」
そう言ってもらえました。

でも、正直不安いっぱいです。。

ですが、泣き寝入りして黙って辞めてしまっては
後に続く職員が今後妊娠した際に退職する流れを逆に作ってしまいかねません。

この時代を生きているのに、時代を逆行するような流れはなんとしでも阻止したいのです。

当たり前ですが、必ずどこの会社でも、初めて産休を申請した人がいたし、
育休明けで復帰した女性もいるのです。

私の叔母がそうでした。

先日、お金の返済の電話をした時、叔母から聞いた話が今の私に勇気をくれています。

まだ会社からマタハラを受ける前でしたので、そのときはあまり意識して聞いてませんでした。

叔母には妊娠したことは伏せていて、
「職場の女性の一人が長期に渡ってきつく当たってきて、辛いしもう辞めどきなのかな。」
と少しだけ話したとき、
「それでも続けないと勿体ないわよ、
もう一人別の叔母は32年前に勤めてる会社で初めて産休育休を申請取得した、
イジメや嫌味もたくさん言われけれど定年まで頑張ったのよ、
言い返してあなたも頑張りなさいな。」
そんな話でした。

不思議なことにその女性職員、翌日から冷たい対応がなくなったのです。

かなり謎で不気味です。:(っ'ヮ'c):
ですが深追いはしません。

話を戻して今思えば多分叔母の口を通じて神様からのメッセージなのだと思います。

最初に誰かがやらなければならない人が必ずいて、
あなたならできる、それをやる役割はあなたなんだよ、
あなたの叔母さんも32年前同じ気持ちでたくさんの気持ちを抑えたり堪えたりして乗り越えてきた。
あなたもきっと出来るよ。
そんなメッセージなんだとしか思えませんでした。

この世の森羅万象全て。
前人未踏を切り開いた先人達がいて、その上に当たり前の生活があることをこれ程痛感した日はありませんでした。

心が震えるような力強いエールを私は貰っていた事に改めて気づきました。

お金を返すきっかけがあったから叔母と話せて、その話も聞けたのもまたとても有難いタイミングでした。

そして、今回の相談員さんはなんと、私の住まいの近所さんでした。
同じ育児ママでもあり、今回のマタハラに絡む保育園退園問題の件にも理解があり助かりました。

住まいからはかなり遠いところでたまたま臨時応援で別区から来たとのことでした。
私の住まいは伝えてなかったのでこの偶然もまた縁を感じました。

またもう一つの不思議なことがありました。
妊娠がわかる数日前に、辞める予定もそんな気も全く無かったのに、
何故か『ここを離れるから引き続きができるようにマニュアル作らなきゃ』
なんてふと思ったのです。

辞めるにしても続けるにしても、出産しますから離れる時期があるわけで、
無意識に身体は準備を始めていたんですね。

つくづく面白いなぁと感じます。

ちゃんと神様は応援してくれているし、サインを送ってくれている。
しっかりキャッチできる私がいる限り、
この先私は大丈夫なんだと思えました。

反省や感謝も忘れなこと。
そして無理をしないで頼れるところは頼って甘えていいこと。
自分ができることはたくさん貢献して恩返しもしていくこと。

忘れないで生きていきます。

子供1人育てるのもたくさんの人の手を借りて育てていくこと。

私もそうやって育ってきたんです。

あぁ、本当に。。

おかげさま、おかげさまでここまで生きてこられました。

今出来ることを精一杯。

頑張ります。

^^*






posted by Kozue at 02:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 産休育休 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする